老人性イボは加齢とともにあらわれる|サプリで予防が可能

女の人

まつ毛の健康を保とう

女の人

まつ毛を伸ばす方法として、まつ毛美容液やクリームが流行しています。まつ毛を健康的に保つには紫外線を予防することも大切で、紫外線からのダメージを軽減できる美容液を使うことも効果的です。まつ毛美容液は使いすぎると、まつ毛に大きな負担がかかるので塗りすぎに注意したほうが良いです。

もっと読む

これから選ぶなら新型を

笑顔の女性

こわれやすく水に溶けやすいビタミンCをより化粧水として使いやすいように改良したのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体には水溶性と脂溶性とがあり、それぞれ長所があります。最もおすすめなのは両方のメリットを取り入れた新型のビタミンc誘導体配合の化粧水です。

もっと読む

加齢とともに増えるイボ

3人のウーマン

紫外線対策を

老人性イボとは、正式には脂漏性角化症と呼ばれるもので、加齢とともに増えてくるイボのことです。早い人で20〜30代のぐらいからあらわれる人もいます。老人性イボは老化現象のひとつです。シミができるメカニズムと同じで、紫外線の影響が大きいといわれています。肌の新陳代謝によって排出されるメラニンが沈着してしまってシミとなり、そのシミが盛り上がってきたり、ざらざら硬くなってしまって変化することでも老人性イボになります。紫外線を多く浴びてきた人は、若いうちからでき始め、80代ではほぼ全員にみられます。予防としては、紫外線対策を行い、メラニンの生成を避けることです。また、肌の新陳代謝を正常にさせるために、乾燥肌にならないように注意する必要があります。

ヨクイニン配合の化粧品

老人性イボの治療は、局部麻酔をして切除する方法と、液体窒素でイボを凍らせて剥がれ落ちてくるのを待つという方法があります。できるだけ自宅でイボのケアをしたい場合は、ヨクイニンが配合された化粧品がおすすめです。ヨクイニンは和漢植物のひとつ、ハトムギです。ハトムギの皮を除いた種からできる生薬です。このヨクイニンが昔からイボ鳥やニキビ、シミなどの肌トラブルなどへの改善効果がみられるということで、美白化粧品によく配合されています。また、サプリメントなどもおすすめで、ヨクイニンにはたんぱく質やカルシウム、鉄やカリウム、ビタミンB群などの栄養素がバランスよく含まれており、皮膚の新陳代謝を高める効果を持っています。サプリと化粧品の両方でケアを行なうことで、肌のターンオーバーが早まり、老人性イボを早期に取り除けるでしょう。

肌に潤いを

化粧品

美肌を保つためには保湿が必要不可欠です。まずは化粧水を利用して肌に水分を与えてあげましょう。深部にまで浸透するような成分が配合されている化粧水が理想です。その後に美容液やクリームを使用して水分を閉じ込めてください。

もっと読む