老人性イボは加齢とともにあらわれる|サプリで予防が可能

レディー

これから選ぶなら新型を

笑顔の女性

水溶性のメリット

肌のくすみやシミ・そばかすなどが気になりだしたら、ビタミンc誘導体の入った化粧水を使ってみるとよいでしょう。ビタミンc誘導体とはビタミンCがより有効に肌に吸収されるように誘導体化という処理を行ったものです。というのもビタミンCはこわれやすい物質である上に、そのままでは水に溶けやすいので化粧水として肌に塗っても汗とともに流れ落ちてしまうという弱点があるためです。ビタミンCを誘導体化したビタミンc誘導体には、水溶性のものと脂溶性のものとがあります。もともとビタミンCは水溶性の物質であり、水溶性のビタミンc誘導体配合の化粧水は脂溶性と比べて肌に入っていきやすく、効果がすぐに現れやすいというメリットがあります。

脂溶性のメリットと新型

水溶性のビタミンc誘導体入り化粧水は肌に塗ってすぐに効果が期待できますが、一方で先に述べたように汗にまざって容易に流れ去ってしまいやすいというデメリットも持っています。そのデメリットを補うのが脂溶性のビタミンc誘導体です。脂溶性のため汗に溶けにくく、肌に塗った後の効果が長く持つというメリットがあります。また、水溶性水であっても普通のビタミンC配合の化粧水よりは浸透力が高いのですが、脂溶性ではさらに3倍程度浸透力が高くなっています。さらに、水溶性のビタミンc誘導体が蒸発しやすいのに対し、脂溶性ビタミンc誘導体の化粧水には肌の保湿効果もあります。このようにそれぞれメリットを持つビタミンc誘導体ですが、最近はその長所を合わせ持った新型と呼ばれるビタミンc誘導体が開発されています。これから購入を検討する場合は、新型が配合された化粧水を選ぶのがよいでしょう。